ブログ過去記事の修正(まとめ)をした具体例

ブログ過去記事を修正した方の記事があったので、読んでみました。

どんな記事を修正したのか、どのように修正したのか(まとめたのか)、ブログの検索順位の変化や、まとめ方のオススメ手法などが書かれていました。

以下記事の一部を引用させていただきます。

「似たような内容の記事をまとめたい」という場合は「一番検索順位が高い」もしくは「一番アクセスの多い」ページを手直ししてまとめるのが一番良いかと思います。

上位になったページの内容を変えるなんて詐欺くさいぜ!って思うかもしれません。

でも結局は「検索者の需要に応えられているかどうか?」なので、自分で内容を精査して大まかに同じだったら特に問題は無いかなと思います。検索順位的にも倫理的も。

 

とりあえず、Googleさんは元々「リダイレクトは評価は引き継ぐが100%ではない」とどこかで明言していた気がします。つまり、自分の挙げた例のような場合のリダイレクトはホントオススメしない。自分で内容的に問題がないと思ったら、一番アクセスのあるページにまとめるのが一番良いです。

出典:【ブログ運営】過去記事をまとめる整理の仕方オススメ手法 | みたそねっと

ブログ記事の修正というよりは、過去記事をいくつか書いた場合に、それらをまとめることでアクセスアップを測るという手法に関する記事のようです。つまり、「似たような内容の記事をまとめたい」という場合にどのようにまとめるかについて具体例が書かれています。

「一番検索順位が高い」もしくは「一番アクセスの多い」ページを手直ししてまとめるのが一番いいという意見のようですが、私もそれは思っています。しかし、他の記事を削除しちゃうのはちょっともったいない気もしますが、しっかりとアクセスが増えている記事もあるようですね。

私自信も過去記事をまとめることは良くあるのですが、このように、まとめたら、必要ない記事を削除したりだとか、no indexにしたりとかはしていないので、過去記事を削除することに関しては、少し抵抗感がありますね。

それでアクセスが減ってしまったら嫌なので。しかし、SEO対策的には、一つのキーワードで一つの記事に集中させた方が良いという意見もあるので、削除した方がいい可能性はあります。

この辺は、個人の自由だと思うので、個人個人で判断してやるしかないところなのかなぁとは思います。私は、一つに集中させた方がいいと判断した場合は、他の記事を削除してでも一つの記事にまとめて、これは別々にしたままの方がいいと判断したら、どちらの記事も残すなど柔軟に対応していこうと思います。

この記事の中で、Googleのリダイレクトについて、リダイレクトは評価は引き継ぐが100%ではないということが書かれています。これはアフィリエイターにとっては、SEO対策の点でも重要なことだと思うので、しっかりと覚えておきたいところです。